ビーズアクセサリー

ホームビーズモチーフ > モチーフ・ビーズ

モチーフ・ビーズ4522421842

モチーフ・ビーズ


北村 恵子


Book(単行本)


発売日:2003-12



参考価格:¥ 924


永岡書店


Amazonで詳細をみる



1
物凄く分かり辛い
モチーフの可愛さと「超かんたん!」という謳い文句のビーズ表も気になり購入。

私にはビーズ表がまったく合いませんでした。

ビーズにある程度慣れていて、「グルグルとテグスが回っている図」に慣れている人には不向きではないでしょうか。

今どこを作っているのか、どこまで進んでいるのかさっぱり分かりません。

ずっと「左、右、左、右」と確認していなければならず、1回テグスを離すと何処まで進んでいたのか確認するのに物凄い時間を要しました。

私の理解力が無さすぎなのかもしれませんが、何度トライしてみても手順2さえ終われません。

常に右回りで編んで行くのが基本らしいですが、私は途中で逆さにしたり反対にしたりと自分が編みやすいようにテグスを持ち替えたりして作っていくことに慣れてしまっているので、どうも落ち着きません。

このビーズ表はあまり見かけないので、これに慣れてしまうとより「グルグルとテグスが回っている図」のレシピで他の作品は作れなくなるかも。

モチーフがめちゃくちゃ可愛いだけに物凄く残念です。

「グルグルとテグスが回っている図」で再編集して、別に出版して欲しいくらいです。

「超かんたん!」が私には「超複雑怪奇」なビーズ表でした。

ビーズに慣れている人にはオススメしません。


5
不器用な私にも簡単に作れました!
今まで何度かモチーフにチャレンジしたものの、途中で混乱してうまくいかなかったのですが、この「ビーズ表」は本当に素晴らしいです!最初はちょっととまどいましたが、一度見方を覚えてしまうと簡単!さささっと作ることができるようになりました。シリーズ本が出てくると嬉しいなあと思います。


5
とっても可愛い&簡単!!
この本には、本当に大満足です!
作品がどれもとても可愛いのはもとより、
「ビーズ表」に従うと、とても編みやすいです。
ここまで編んだらこんな形、という写真や図も頻繁に載っていて、
間違いもとてもチェックしやすいです。
ストラップにするにはここで、という指示も、各動物ごとに載っています。

一つ難点を言えば、本書に従うと、テグスの処理を頻繁にしなくては
いけないのですが、
私の様にテグスの処理が苦手な方は、編み始める前に手順を先に読んで、
ここまでは1本で出来そう、というところまで続けて編むと、
テグスの処理回数をぐっと減らせます。

もともとかなり長めにテグスの長さを設定してある様で、
胴の分のテグスで頭まで編めたりします(セイスモサウルスの場合)。
ハスキーの場合は、胴、頭、鼻と耳、と3本もテグスが必要なところ、
胴のテグスを30cmほど長めにして編み始めると、耳まで全部、
その1本のテグスで編めました。



4
ビーズ表
この本で、初めてビーズ表というのを知りました。今まで苦労してモチーフを作っていたのですが、この表をみて作るとあっという間に出来るのでとっても作りやすかったです。いろんな動物があり、どれもかわいいのでたくさん作ってみたいです。


5
簡単にできちゃうんです!
初めてのビーズ細工なのですが、すごくわかりやすく
簡単に作ることができました!
図がとてもわかりやすくとてもいいです。

かわいいミニチュアダックスを完成させることができました



5
わかりやすいレシピで動物モチーフ!
この本の一番の特徴は、レシピです。
他の本のようなテグスとビーズがぐるぐる描いてある編み図ではなく、拾い目と新たに入れるビーズの数の表になっていること。
慣れると編み図よりずっとわかりやすいです。
私はさっそく子猫、シベリアンハスキーを作りましたがとってもかわいく、気に入っています。

動物モチーフをこれから始めようとする方にもオススメします。



5
テディ・ベアがカワイイ!!
スゴクわかりやすいです。今まで動物モチーフものは、あちこち向けたり、ひっくりかえしてみたり・・・。作者の人のレシピも人それぞれで違うんですが、これはホント分かりやすい!!右で何個ビーズを拾う、左で何個入れて、最後のビーズで交差するパターン。もし間違ってもすぐわかるから、複雑な動物モチーフでも簡単!!

私のお気に入りはテディ・ベア。立ちパターンと座りパターンがあるんですが、どっちもカワイイ!!
今日3体目を作ってしまいました・・・。



4
犬がいっぱい
犬もいっぱいいるけど猫もいっぱい。
いろいろな動物や虫が勢ぞろい。

作り方は表になっています。
図でテグスがぐるぐる回っているのとは違うので、はじめてみた私は少し戸惑いました。
なれたらコチラの方が簡単かも。

パーツのつけ方やテグスの処理の仕方が丁寧に書いてあるので
とてもわかりやすいです。

ビーズの種類や大きさが変わると、モチーフの印象がかわる比較のページがよかったです。
次はコレで作ってみようかな?と思いました。



5
かわいい!!
この本は、私のお薦めです!!ビーズ表で編んでいくのですが、一見難しそうに見えますがなれるととてもとても簡単にできます。
この本のなかには、23種類の動物(恐竜)が載せられています。どれも、可愛いものばかりで自分でもすぐに作りたい!!と思ってしまいます。
このレビューを読んだ方はぜひぜひ購入して、作ってみてください!!

本当に可愛いです(^O^)



5
動物モチーフがいっぱい
今まで,テグスの編み図を見てモチーフを作っていた人には「目からウロコ」。
この本は,立体モチーフをビーズ表を使って編んでいきます。
一見難しそうですが,慣れるとこれが簡単!
ビーズの拾い方がとてもよくわかります。
モチーフもスタンダードな猫・テディベアから,人気のチワワや個性的なシベリアン・ハスキー・怪獣まで23種類が掲載。

とにかくどれもかわいい!
お勧めの一冊です。


書籍

当サイトについて

当サイトについてと免責事項
  • ビーズアクセサリーは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。